台所のシンクの下にある排水管から水漏れしているとき

■漏れているところの跡も見逃さない

台所にはシンクが取り付けられており、そこには排水管がつなげられていますが、知らず知らずのうちに水漏れしている可能性があります。普段からよく使うシンクだからこそ、できるだけ早く修理しなければいけません。
水漏れしているときは、一体どこに原因があるのかと判断するところからスタートします。原因はさまざまであり、その原因に合わせて修理方法も変わってきます。よくトラブルが起こる箇所は、シンクと排水管のつなぎ目部分です。下側からのぞいてみると水漏れしている箇所がすぐに見つかる場合がありますが、排水管はトラブルを見つけにくいと言われています。水道管などとは異なり常に水が流れているわけではなく、使わなければ水が流れないため、水漏れを発見しづらいのです。この性格から、シンクに少しずつ水を流しながらのぞいてみると、発見できるときがあるでしょう。
わずかづつでも水が漏れ続けたことで、流れた場所に白い跡がついている状態もあります。流れた水が蒸発したり乾燥したりした後に、水の中に含まれるミネラル分が残って見える跡ですが、これも原因特定の手掛かりになります。この方法では発生箇所がピンポイントではわからなくても、だいたいの箇所は判明します。シンクとのつなぎ目に水漏れしている跡があれば、そこが原因であることは間違いありません。

■パッキンの劣化やナットの緩み

台所のシンクと排水管のつなぎ目から漏れてきているときには、パッキンの問題が考えられます。ほかのつなぎ目にもよく使われていますが、ゴムでできているため問題を抱えやすくなっています。弾力性を持っているゴムを使っているのは、すき間を作らないようにするためですが、劣化してくると固くなりこの機能が失われます。これがトラブルを生み出す原因で、もう元の状態に戻ることはありません。したがって、すき間をうめるためには交換するしかありません。
パッキンはホームセンターなどでも手に入るようになり、DIYの知識がある人であれば交換可能です。注意しなければいけないのは、サイズです。いろいろなサイズや形状のものが販売されているため、実物を持っていって同様の商品を購入するのが安全でしょう。
パッキンに異常がないのに漏れてきているときには、ナットを触ってみます。シンクの下をのぞいてみると、各所にナットが取り付けてあるのがわかります。振動などで時間とともに緩んでしまう状況もあるため、まずは手で回ってしまうような緩み具合かどうかを確認するのがポイントです。かなり大きめのナットが使われているため締め直すにも大きな工具が必要ですが、これが原因であれば対処方法としては簡単です。排水管には複数のつなぎ目があるので、すべて確認しましょう。この場合にも、水漏れしている跡の確認は有効であるため、ライトなどをつけて明るい状態で行うと発見が早くなります。
つなぎ目のナット以外にも、排水管にじゃばらのホースが使われているなら、破れていないかどうかをチェックしなければいけません。経年劣化により亀裂が入ってしまった場合などは基本的には交換が必要ですが、防水テープなどでの一時的な修理対応は可能です。

■ホースが外れたりつまったりするケース
台所のシンクの下から伸びていく排水ホースと排水管のずれも、水漏れの原因です。排水ホースが取り付けられている形状では、排水管に挿し込むようなかたちをとります。挿し込まれているだけであるため、シンクの下に収納してあるものを引き出したときに引っかかってしまい抜けてしまう恐れがあり、注意が必要です。何かの故障で水漏れしていると思ったらただ抜けているだけで、すべて外に流れ出ていることもあります。対処方法は単純で、ホースを挿しなおして流れるようにするだけですが、排水ホースを破損しないように丁寧に扱わなければいけません。
排水管は外から見ても中の状態がわからないため、気付かない内に詰まってしまって水漏れするケースがあります。流れる場所がなくなり、本来水力がかからない箇所へ負荷がかかることがトラブルの原因です。ナットを締め直したりしても一向に解決しないときに、この詰まりを疑いましょう。外側からでは状況がわかりませんが、水の流れは明らかに悪くなっているはずです。上流側から詰まりの原因を取り除くのが一番ですが、形状上難しいところもあります。解消できないときには、排水管本体を取り外し、詰まっているものを除去して、清掃した状態で取り付けなおす方法は有効です。取り外す際はナットをまわすための工具が必要となりますし、不安な場合は専門業者に依頼して掃除してもらうか、配管の取り外しまでを行ってもらうようにしましょう。
水道とは違い、使っているとき以外には水漏れが発生しないというのが排水管の特徴です。水道よりも修理の緊急性は低くなるため、じっくりと費用などを調べ、トラブル内容が業者の対応範囲に収まるかどうか判断してから依頼するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ