どうしても発見が遅れるお風呂場の排水管の水漏れ

■水漏れが大きな被害を与える

お風呂場は、家庭内の水回り環境の中でも、大量の水を使います。トイレは一日の中で何度も使う設備であり、多くの水を必要としますが、お風呂場では回数は少なくても大量に水を使うため、使用量は拮抗している設備です。体を洗い清潔にする場所として、その汚れを流していく排水管には、大きな負荷がかかります。細かなものであっても異物が流れ込みやすいことから、つまってしまうこともある場所です。問題は、どこでつまっているのか、判断が難しいところにあります。キャッチャーと呼ばれる髪の毛などを流さずに貯めこんでいく部分であれば、取り除くのは難しくありません。掃除をしているときに定期的に処理すれば、大きな問題にはなりませんが、内部に流れ込んでしまえば見つけることはできなくなります。これは、お風呂場の排水管の構造によるところが大きいためです。
通常の排水管は、水が高いところから低いほうへ流れる原則を利用しています。つまり、排水口は、排水管よりも高い位置に取り付けなければなりません。使った水を流すことを考えれば、お風呂場では床の位置に設置しなければ流すことができなくなってしまいます。床下に設置されることから、排水管は目につく位置にはありません。発見が遅れる条件のひとつですが、さまざまな個所を外していかなければ、配管は目視できないのが特徴です。さらに問題は床にあることから、水平に近い設置をとります。垂直に近い設計であれば、流し台のように重力も使って流せますが、これも場所的な性格からできません。どうしても異物がつまれば、流れにくい条件となるため、トラブルには十分に気を付けなければいけない場所です。

■どうしても発見しにくい条件がそろう場所

お風呂場の排水管が水漏れを起こしたとき、発見はかなり遅れることになります。見える場所ではないことがポイントですが、なによりもさまざまなものの下にあることが、漏れていることがわかったとしても、原因の追究ができません。排水管は床の下であり、浴槽の下にも配置されています。仮に床下から水漏れしていることを発見しても、なにが原因なのかはわかりません。水の特性として、低いほうへと流れますが、わずかなすき間を求めて流れていくことにもなります。漏れてきている場所の真上に原因があるとは限らないのも発見を遅らせてしまう条件です。
特に床に配管を這わせている部分が長いお風呂場の場合、配管を伝って流れてくるケースもあります。大量に漏れている場合ではなく、少量であることが条件となりますが、どうしても見つかりにくくなります。床下に潜れないというのも大きな条件です。キッチンの下から漏れてきているのであれば、収納庫になることが多く、床に漏れてきた水を見つければ、しまっているものを別の場所に移動させるとだいたいの判断ができます。床下となると、簡単に入ることはできません。中には床材をはがしてはじめて判断ができる建物も出てきます。建物の外部になにか異常を発見したことでみつかるケースも少なくありません。
臭いや音の問題もあります。水漏れを見つけるための大事なヒントになりますが、お風呂場は湿度も高く、臭いで判断はつきにくい場所です。音にしても、水を使っている間しか漏れてこない排水管では、どうしても発見がしにくくなります。非常に発見しにくい条件が重なっているからこそ、なんらかの反応があったときには、点検していかなければいけません。

■点検していくことが自分の資産を守ること
床下に水漏れを見つけたときや、どうもおかしいと感じたときには、専門業者に点検してもらうのが発見の早道です。排水管であれば、使わないときには排水が通らないため漏れてくることはありません。しかし、配管は床の下に通されており、内部で水漏れしていれば、腐りだしてしまうことも考えられます。早期に発見できなければ、大きな被害につながる条件です。床にダメージが広がると、湿度の高いお風呂場と連動して、カビの発生が促進してしまうことも出てきます。外注の発生といったことも考えなければいけません。構造的な部分でダメージが出てくる可能性もあり、建物を大幅に修繕しなければいけなくなることも出てきます。
なにも変化を感じないときでも、定期的な点検が見つけることができる方法です。専門業者に依頼しておき、定期的に点検できれば、こうした排水管の問題もクリアできます。賃貸住宅などでは、貸主に責任があるような経年劣化になこともあります。老朽化するようなものは、借主には対処できない部分があるためです。ところが、自分の持ち家やマンションといったものになれば、自分で点検していく責任もあります。建物がダメになるほどのダメージを受けたとしても、それは持ち主の責任になります。被害を考えれば、大きな問題につながらないように予防線を張ることになります。お風呂場の配管もメンテナンスを繰り返すことで、被害の発生も確率を下げられるようになるのですから、さまざまな方向からリスクを軽減していかなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ