排水管が割れてしまった場合の補修方法

■なぜ排水管が割れてしまうのか

排水管が割れてしまう原因はいくつかあります。最も多いのが経年劣化ですが、他にも天災によるもの、凍結など、さまざまな原因があります。経年劣化は築年数が古い物件で起こりやすく、10年以上使用しているといろいろな箇所が劣化していきます。なかには築50年でも故障せずに使えるケースもありますが、大半は経年劣化によるトラブルが起こりやすくなっていると考えて良いでしょう。経年劣化による破損を改善するには、排水管を新しいものに交換しなければいけません。破損箇所から水漏れを起こしている場合、一時的に補修テープで応急処置することもできますが、劣化が直るわけではありませんので、タイミングを見て業者に依頼し交換したほうが賢明です。
天災による破損も少なくないケースです。経年劣化していると小さな地震でも破損してしまうことも可能性としては否定できません。また、新築でも揺れが大きければ割れたり歪んで破損してしまう可能性はあります。地震が起きたあとで、水の勢いが弱まったり水漏れが確認できたりした場合には、業者に確認してもらいましょう。排水管が割れているとそこから水漏れも起こりますから、漏れている場所によっては臭いが発生していることもあります。
経年劣化以外でも庭に木や花を植えようとして、土の中の排水管をスコップなどで傷つけてしまい、破損させてしまうことがあります。また、駐車場の下に排水管が通っている場合だと、駐車場にとめている車の重量によっては排水管が傷みやすいこともあります。

■応急処置はできるのか

軽度であれば、応急処置で排水管の割れは補修できます。真っ先にやってほしいのは、止水です。破損したまま水を使用すると、当然そこから水漏れします。そこからどんどん水漏れが広がっていきますから、大きなトラブルになってしまう前に水を止め、どこが破損しているのか確認するところからはじめてください。
応急処置は補修テープで修理できる軽度の破損であれば自分でも簡単にできます。使用するのは、ラップテープです。しっかりと補修するためには、なるべく頑丈なものを使用したほうが良いので、ホームセンターを利用しましょう。必ず水道用のものを選びます。伸縮性が良いのでぴったり補修できますし、テープとテープがしっかり接着するので安心です。
ラップテープを使用する前に、必ず水は止めてください。巻きつける箇所の水分を拭き取り、20から30cmの長さをぐるぐると巻いていきます。このとき緩く巻いてしまうと効果がないので、引っ張りながら少しきつめに巻きましょう。ただし、強く巻きすぎると破損を悪化させてしまう恐れがあるので、適度な強さで巻いてください。凍結は、事前に防ぐことができます。タオルや発泡素材のパイプカバーなどといった保温性のあるものを巻くだけでも予防に繋がります。
普段から、水を流すときに注意しておくと排水管から水漏れするリスクを下げることができます。経年劣化の場合は仕方がありませんが、長年使用している場合は一度業者に点検してもらうのも水漏れを未然に防ぐポイントになります。
特にキッチンは食べカスや石鹸、洗剤カスなどでいろんな物を流してしまいやすいので、固形物や水に溶けないもの、油などは安易に流さないように注意しましょう。

■新しい排水管に交換するには
割れている部分がトラップだった場合、新しい排水管に交換することで状態を改善できます。この方法はある程度技術が求められますが、補修用テープを巻くなどの応急処置でも改善されない場合はおすすめです。
作業に入る前に止水栓を閉じて水が出ないようにしておきます。応止水栓を開いたまま行い、万が一蛇口から水を流してしまうと破損している部分から水が漏れてスムーズに補修できません。
キッチンの場合、シンクの下にあるホースが破損しているケースが多いので、トラップからホースを取り外して新しいものと交換します。ホースには差し込み式、ネジ式がありますので、各家庭に合ったものを使用してください。
洗面所の場合、排水パイプを分解する必要があります。キッチンシンクよりも難易度が高いので、無理な場合は迷わず業者に依頼しましょう。トラップのパイプを外したら、排水管ナットとトラップナットを外し、排水口の下にあるナットも外してすべて新しいものと交換します。
作業が終わったら、少しずつ水を流して、水漏れしないか確認してください。問題なく排水できていれば、きちんと交換できている証拠です。万が一水漏れをしていた場合、再度ナットを締め直してみましょう。それでも水漏れがある場合は、業者に依頼してください。
応急処置はあくまで一時的にしか効果が得られないので、そのまま長期間使用することはできません。以前のように使用できるようになったからといって直っているわけではないので注意が必要です。損傷が小さいうちなら簡単な修理で済みますので、業者に相談することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ