排水管から水漏れが起こる原因とは

キッチンや洗面所、トイレやお風呂など排水管は汚水を流すために設置されており、排管に問題が生じると水漏れの原因になってしまいます。排管に起こる問題はどのようなものがあるのか、原因を突き止める方法なども紹介します。

■排水管からの水漏れはなぜ起こる?

まず1つ目に考えられるのは排水管を接続している部品の破損や緩みなどです。排水管にはボルトやナット、パッキンなどの部品が使用されています。これらの部品が破損したり、緩んだりすることで簡単に水漏れを引き起こしてしまいます。
そして2つ目は排管の詰まりで、油やゴミ、異物などによって排管が詰まってしまうと水の流れが悪くなり、放置することで詰まってしまいます。汚水が逆流してくる可能性もあるので早めに対処するようにしましょう。




■排水管にも寿命があるって本当?
排管を接続している部品の破損や緩みなどで起こりやすいのが排管からの水漏れですが、排管自体に問題がある場合もあります。排管による水のトラブルは住宅内でも比較的多く起こりますが、排管はどんどん老朽化するものです。
キッチンや洗面所、お風呂やトイレなどほとんどの設備を一日に何度も使用することから老朽化のスピードは早いと言えるでしょう。また排管自体の寿命は素材によって異なりますが、例えば亜鉛メッキの銅管の場合は20年ほど、塩ビ管の場合は30年ほどです。ある程度年数が経過している排管についてはトラブルが起こる前に交換をしておくことでトラブルを防止することができます。

■排水管を洗浄することはできるのか?

排水管の詰まりを防止するためにできるのは油を直接シンクに流さない、生ゴミなどを流さないことです。それでも毎日使用しているとキッチンなどは特に詰まりが起こりやすくなります。詰まりが発生しやすくなると排水口から異臭がすることもあるので気づくという人もいるでしょう。
詰まる前兆だと考えて、市販の排管専用の洗浄剤を使用することである程度洗浄をすることができます。洗浄剤は油汚れや臭いなどを取り除いてくれるので快適な水回りを維持する際にも便利に利用できるものです。




■まとめ
破損や緩み、詰まりなどで起こる排水管が原因となる水漏れは普段の使い方を見直すことで防ぐことができる場合もあります。どうしても自分で対処することができない場合は、水回りのトラブルのプロである業者に依頼することで被害を最小限に抑えることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ