排水管からの水漏れは異臭の原因となるので早めの対処を

■排水管の水漏れの原因

排水管から水漏れが起こって異臭が発生する原因は何個か考えられます。まず排水管にも寿命はあり、約10年すると経年劣化によってひび割れや小さな穴が空いたりと水漏れの原因が発生しやすくなります。水漏れの大半がこの経年劣化による老朽化が原因ですので、建ててから10年以上経っている住宅はその時期に合わせて水道業者によるメンテナンスも兼ねた点検を行いましょう。
また排水管に流すものは水だけではなく様々な異物が混じっている場合があり、それがつまることによって水漏れや汚水の逆流が発生します。代表的な異物としてはキッチンでは食べ物のカスや汚れた油、お風呂場や洗面台では髪の毛や石鹸カスがこれにあたり、長い年月をかけて排水管にこびりついていき徐々に流れにくくしていったり、異臭を発生させやすくしていきます。これは排水管を定期的に清掃することで回避できます。
またあまり例はありませんが地震が起きた際に配管に歪みが発生し、そこに水流による負荷がかかることで排水管が擦れて穴が空いたり外れる事もあります。これは大きな地震に限ったことだけでなく小さな地震でも起こりえますので、もし5年以内に地震による被害を経験している住宅であれば一度水道業者による点検をおすすめします。
これらの原因によって水漏れが発生すると、異臭だけでなく床に水が溜まって腐食の原因にもなり、さらなる被害が生じますので普段嗅ぎ慣れない匂いを感じたらまずはどこかで水漏れが起こっていないかチェックしましょう。

■排水口から異臭が漂うわけ

排水管の水漏れ以外にも排水口から異臭が上がってくる場合があります。通常排水口にはゴミ取り用のネットの下にトラップと呼ばれる封水という水をためておく装置や配管があり、その封水で蓋をすることによって異臭や害虫などが下水から排水管を通って排水溝から出てくるのを防いでいます。封水が無くなって臭気が上がることは定期的に水を流していれば起こることではありませんが、排水管の水漏れなどといった理由で封水が空になっている場合があり、そういったときは新たに水を注げば異臭が収まるケースがほとんどです。
排水トラップに問題がない場合は、排水管自体が汚れていて臭いの元となっている状態もあります。使用しているうちに石鹸カスなどが内部にこびりついてカビや細菌の温床となっていたり、排水管自体が劣化して錆びている場合も考えられます。そういった場合は定期的に排水パイプの清掃を行ってください。
そのどれにも当てはまらない場合は何らかの原因で排水溝以外の部分から異臭が上がっているのかもしれません。シンクの下であればトラップと排水管のつなぎ目や排水管が曲がって接続されている部分、床に入る部分の隙間が空いている状態も考えられます。緩みがないか締め直してみるのをおすすめします。また床とのつなぎ目など差し込んでいるだけでつながっている場合は経年劣化によって差し込んでいる部分に隙間が発生している可能性もあります。建て付けが悪くなって隙間が発生している場合もありえますので、ホームセンターで売られている防水パテで隙間を埋めます。
それでも異臭が収まらない場合は排水管に穴が空いている場合が想定されますので水道業者に連絡して修理をお願いしてください。

■異臭を出さない普段からのお手入れ
排水管や排水口は日常のメンテナンスによって異臭の発生を抑えることが可能です。洗濯機の排水口は洗剤や皮脂汚れが付きやすいほか、洗面台のそばにある場合はホコリや髪の毛も入り込んで汚れが複雑になっています。まずは異臭がどこから来るのかを確認してください。洗濯機の周りや洗濯機の内部から漂う場合は洗濯機が汚れており、洗濯機の清掃を行うことで異臭が解決されます。排水口周りが臭う場合は排水口の汚れが原因です。排水口や排水トラップを分解し、こびりついた汚れを使用済みの歯ブラシなどでこすって落とします。また排水トラップにカビが発生している場合はカビ取りクリーナーでカビを落とします。排水管内部はパイプクリーナーを流すだけで綺麗にできます。
キッチンの排水口も汚れが溜まりやすいところです。異臭が気になるときはゴミ受けや排水口、排水トラップを清掃します。ここも基本は歯ブラシで擦って落としますが、頑固な汚れの場合は泡タイプのカビ取り剤をスプレーしたあと放置して汚れを浮かせます。キッチンの排水管はパイプクリーナーで汚れを除去するだけでなくシンクの下に入って水漏れがないかを確認してください。水漏れの異臭が上がってくる場合もあるからです。自分ではどうにもできない水漏れの場合は早めに水道業者へ連絡します。
お風呂場の排水口はまずヘアキャッチャーをきれいに洗浄します。ここも歯ブラシとカビ取りクリーナーの出番です。ヘアキャッチャーが汚れている場合には排水トラップもたいてい汚れていますので分解して清掃します。戻すときに排水トラップがきちんと組み込まれていないとと封水がたまらなくなり異臭が上がってくる原因になりますので注意してください。その後排水管内部にパイプクリーナーを流して管の中を清掃すれば掃除は終了です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ