排水管からの水漏れはシリコンなどで応急処置ができる

水を流すための設備についている排水管が原因で水が漏れているという場合は、まずは汚水が床やシンクの下、洗面台の下などに広がらないように応急処置をしましょう。応急処置をすることで汚水が広がるのを防ぐことができますし、落ち着いて業者に連絡をすることもできます。

■排水管からの水漏れは汚水が出てくることがほとんど

食器を洗う、手を洗う、体を洗う、排泄をするなど、キッチンや洗面所、お風呂やトイレでは汚水がたくさん出ます。この汚水をスムーズに下水に流しているのが排水管であり、排水管のトラブルでは汚水が漏れてくることがほとんどです。
汚水によって臭いや汚れなど室内の衛生状態が悪くなってしまうことから、業者に依頼して来てもらうまでの間に応急処置をしておくことで被害の拡大を防ぐことができます。ちょっとした水漏れでも放置してしまうと床などが水浸しになることも珍しくないので迅速に対処するようにしましょう。



■テープを使って応急処置を行う
すぐにできる応急処置として便利に活用することができるのがシリコンのテープです。水回りのトラブルの際に業者の間でも使用されており、テープの片側が防水仕様になっていることから、排水管に巻きつけて水の漏れをある程度止めることができます。
テープを使用する場合は、テープを貼る部分を雑巾などで綺麗にして、少しずつ引っぱりながら排管に巻きつけていき、巻終わりをぎゅっと強く圧着して応急処置は完了です。

■応急処置はあくまでも一時的な解決にしかならない

シリコン素材のテープなどでの補修はあくまでも応急処置として考えておくようにしましょう。非常に便利なテープですが必ず水を止めることができるというわけではありませんし、専門的な知識や技術を持った業者が使用するのと排管に関して詳しくない人が使用するのではわけが違います。
応急処置をして漏れている水を止めることができれば業者を探す時間や来てもらう時間を作ることができますし、何より水が止まることによって落ち着いて対処することができます。




■まとめ
排水管から水が漏れている場合に応急処置で使用するシリコン素材のテープはホームセンターやネット通販などで購入することができるので、万が一に備えて1つは準備しておくと迅速に応急処置をすることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ