排水管のメンテナンスで水漏れ修理の軽減

■排水管のメンテナンス

水漏れはどこかにトラブルを抱えていたことで発生します。その理由はさまざまで、破損してしまったり、つなぎ目が開き水漏れしてしまったりするケースもあります。原因になる箇所の想定がつくと、チェックして隙間ができないように調節するとなおるケースもあり、すべてが大規模に修理しなければいけないわけではありません。自分でできることはおこなっておけば、費用の負担も少なくなりますし、いざというときも迅速に対応できます。また日ごろからどんなところでトラブルが起きるのか、それを知るだけでもメンテナンスにつなげられるでしょう。
メンテナンスはとても重要で、細かくおこなうことでトラブルの多くをカバーできます。ただメンテナンスといっても、難しいことをする必要はありません。簡単にできることを繰り返しておくことが重要です。日頃からの使い方次第で、配管のダメージも減らせます。
DIYを得意としている人であれば、もう少し大きな規模でメンテナンスを考えてみるのも方法です。ナットなどで締め付けられているパーツを外し、新しく交換する作業をできれば、水漏れのリスクはさらに減らせます。ただし、知識も必要ですし、道具もなければいけません。交換するための部品を調達する際にも、サイズや仕様も判別できなければいけないため、簡単なことではなくなります。そこまでの修理をしなければいけないときには、専門業者に依頼する方が安価に済むことも珍しくありません。

■排水管にも使われるパッキンの劣化

排水管を構成するパイプの部分は、どうしても水漏れする可能性が出てきます。排水トラップが取り付けられているときは、部品同士をつながなければいけません。場所によっても異なりますが、ナットで締め付けており、水漏れが確認できる場合、締め直してみるとなおるケースがあります。パーツを交換しなくてもしっかりと締め付けることで漏れが止まるなら、簡単にできる方法です。締め付けるときには、適切な力加減がポイントです。締め直すことでなおったとしても、必要以上の力をかければねじ切ってしまうこともあります。締め付けたら、水が流れてこないことを確認し、あまり増し締めをしないことが大切です。
隙間ができる理由はいろいろとありますが、内部のパッキンが弾力性を失い隙間ができて、緩んでいるように見えることもあります。この場合には、一旦外してパッキンを交換しなければいけません。配管を外すのは難しいことではありませんが、場所によってはとても狭く、外すのにも手間がかかるケースがあります。塩ビなどの配管であれば重量はそこまでではないものの、古いスチール管を使っている場合にはかなりの重量です。安全なスペースを確保して作業するとともに、部品や工具の置き場も考えて外す必要があります。内部に水が溜まっている場合もあるため、ブルーシートを敷いてバケツも用意しておくと安全です。パッキンもいろいろなサイズがあり、さまざまな形状のものも販売されていますが、外して確認してから購入すれば間違いありません。実際にパッキンの寿命は10年程度と考えられています。使っているうちに必ず交換するタイミングがくるため、いつかはメンテナンスとして交換が必要な部品です。

■普段からできるメンテナンス
大きな手間のかかる水漏れの修理をする以前に、普段から劣化させないメンテナンスをすることが重要です。配管にダメージを与えるような使い方をしなければ、その分劣化を防げます。
キッチンなどの排水管で大切になるのは、パイプクリーナーなどの使用です。パイプの内部には、どうしても汚れが付着します。この汚れが変質し、配管を劣化させる大きな要因です。配管が劣化することによって、接続部分に負担をかけ隙間を作り出すことも出てくるため、定期的にパイプクリーナーで洗浄しなければいけません。市販されているものを使えば済む方法で、これだけでも寿命を伸ばせます。
メンテナンスとしてお湯を流すのも有効です。お湯といっても、温度は50度程度で十分で、これ以上高温にしないことがメンテナンスのポイントになってきます。お湯を流し入れることで、配管内に付着した汚れを落としやすくなるためで、手軽にできる対策です。熱湯を流してはいけない理由はいくつかあります。キッチンなどではお湯を流すこともありますが、冷めてから流すほうが排水管が長持ちするという理由は、熱で膨張するからです。どんなものでも、熱を与えると膨張します。膨張したのちに冷えて収縮しますが、繰り返しているうちに強度を失ってしまうことで、ひび割れなどを誘発しかねません。接続部品も膨張し、収縮することで隙間ができてしまう場合があります。50度程度であれば問題はないですが、普段から気をつけておくだけでも、水漏れのトラブルを防げます。配管内も清潔にできるため、衛生的な面を考えてもおこなってみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ