排水管の水漏れは保険で対応できない

■火災保険の会社に排水管の修繕代金を請求できない

水が漏れたときに火災保険に入ってるから大丈夫と考える人もいますが、原則として、水の突発事故で生じた損害は、請求できない仕組みとなっています。火災保険は、名前のごとく火事やカミナリなどを起因とする損害を保証するためのものです。住宅の設備に問題があったからといって、火事やカミナリとは関係がありません。
ただし、水濡れ保証を付けている場合は、損害の一部を請求できる場合があります。水濡れ保証は、住宅の給排水設備の突発事故によって、床や壁、家具などに損害が生じた場合に補償してくれる特約です。
注意しなければならない点は、まず、突発事故が生じた住宅設備のメンテナンス費用については請求できないということです。あくまでも水濡れによって生じた損害を補償するものですので、排水管を直したりする代金は、自己負担となっています。
また、トイレの水が突発事故であふれたときは補償の対象となりますが、お風呂の湯を張りすぎて水で濡れた場合は、保証の対象外となります。これは、お風呂の浴槽が給排水設備ではないことが理由となります。
ただし、マンションの上の階の住人が起こした突発事故の場合は、どんな理由であれ、水で濡れた損害については補償の対象となっています。
いずれにおいても、自宅の排水管からの水漏れがあった場合は、排水管のメンテナンスは自分で行う必要があります。放置をしていても症状が酷くなる場合があるだけですので、できるだけ早めに対処することが大切です。水濡れによる被害もある場合は、水道の修理業者の担当者に相談をして、対処の仕方についてアドバイスを受けると良いでしょう。

■排水管の修繕代金を節約したいなら早く直すこと

水道の修繕代金を節約したい場合は、水漏れが起きたタイミングで修理してしまうことが重要です。
メンテナンス費用がもったいないからといって、いつまでも放置しておくと、周囲の木材が腐食してしまったり、木材が腐食した周辺が不衛生になったりしてしまいます。カビなどが発生してしまうと、健康上への影響が生じてしまうこともあります。できるだけ早めにメンテナンスを依頼すれば、突発事故を抱えている排水設備のメンテナンスだけで済みます。
また、老朽化による水漏れが生じていた場合は、目に見える部分以外のところでも水が漏れている可能性があります。目に見えないところで水が漏れていて、住宅の構造材などを腐らせてしまうと、大規模な修繕をしなければならなくなります。また、腐った木材のところから害虫が発生してしまうこともあるので、損害が大きくならないうちに対処しておく方がいいでしょう。
賃貸住宅に入居されている方の水の突発事故の場合は、入居時に加入する保険で対応できる場合もあります。まずは、水漏れの突発事故について不動産の管理会社に相談をして、保険で対応できるかどうかを確認してもらうようにしてください。
なお、住宅設備の使用方法に問題がない場合は、家主の代金負担でメンテナンスしてもらえることもあります。そのままにしておくと管理者としての責任が問われることもありますから、できるだけ早く管理会社へ相談をするようにしましょう。

■DIYよりも修理業者に依頼した方が安くつく
保険会社に請求できるかどうかに関係なく、給排水設備のメンテナンスは、プロの水道修理業者に任せる方が安心です。DIYで代金を安く済ませようとする人もいますが、必ずしも経済的ではない点に気を付ける必要があります。
まず、水道のメンテナンスを自分でしようとする場合は、作業に必要な工具をすべて備えなければなりません。適切な工具がなければ、メンテナンスができないか別の突発事故を招くかのどちらかになります。別の突発事故というのは、怪我をしたり住宅設備を壊してしまうことです。修繕代金の節約のために工具をそろえてやってみた結果が、怪我や住宅設備の破損では、経済的ではないと言えるでしょう。
また、自分でメンテナンスをする場合は、修繕で使用する部材なども仕入れなければなりません。ホームセンターなどに取り扱いがなければ、部材の取り寄せをすることになり、すぐにメンテナンスができなくなります。
水回りの突発事故で直ちにメンテナンスができなければ、いつまでも水が漏れている状態が続いたり、住宅設備を使えない期間が長くなります。水道の修理業者に任せてしまえば、当日中にすべての突発事故を解決できることも多くなります。
水道の修理業者に水漏れの対応をしてもらう場合は、相談と見積もりが無料でできるところを選ぶのがおすすめです。電話で水の突発事故の状況を伝えれば、夜間や早朝でも直ちに担当者が駆けつけてくれます。
担当者が来てくれたら、突発事故が発生している場所に案内するだけです。あとは、水回りの専門家が状況を確認して、必要となる修理やメンテナンスについて考えてくれます。見積もりもその場で作成してくれますので、見積書を見て依頼するかどうかを決めるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ