排水管の水漏れにも使われるコーキングの注意点

■隙間を埋めるための建材

排水管の水漏れの修理方法として、コーキングを使う方法があります。あくまでも応急処置としての方法で、大量に漏れてくるような水漏れには使えません。わずかにしみだしてくるようなときなど、すき間が小さい状況に有効になってきます。
コーキングとは、そもそも水漏れなどを止めるものではなく、部材の隙間を埋めるために使用されます。専用のプライマーを使うことで、接着力を高くなり隙間に密着するため水漏れを防ぐことができます。
水回りでよく使われているのは、サッシなどの隙間です。サッシを取り付ける場合、完全にすき間をふさがなければ、水漏れしてしまいます。内部からだけではなく、外部から雨などが浸透してくる可能性もあるでしょう。こうした状態は、部材にもダメージを与えるため、塞いでおく必要があります。そこで隙間をコーキングを使って埋めてしまい、すき間を作らないという方法が使われます。同様にタイルの目地に使われる場合もありますが、床面のタイルは耐久性も求められるため、どちらかといえば壁面に多く使われる建材です。
排水管で使用されるコーキング剤は、耐久性と撥水性を兼ね備えたシリコン製のものが多いです。近年では素人でも使用しやすいタイプも多く販売されています。
水はほんのわずかな隙間でも、水が流れだしてくる可能性があります。このすき間を埋めるためには、コーキングは確かに便利ですが、特性をよく考えて使う必要があります。

■コーキングで施工するときの注意

コーキングはすき間を埋めるために使われますが、それだけ伸びが良く、狭いすき間にも充てんできるのがメリットです。ただし、流動性が高いものではありません。粘性が高いために、そのままでは隙間には流れていかないため、必ず詰め込む作業が必要です。
樹脂で作られている建材で、水漏れなどにはシリコンを使ったものが選ばれます。価格も安価で、施工性もいいのが取り柄ですが、このままでは接着力が弱いため、専用プライマーが必要です。専用プライマーは、液体状で塗りやすく作られています。このプライマーは水があるとつきません。コーキングの樹脂も水があると接着しないため、施工面は必ず乾燥させる必要があります。排水管から水漏れしている場合には、いったん使用をやめてきれいにふき取り、水分がない乾燥した状態を作ってから、プライマーを塗布します。
ここで失敗すると、修復が大変になります。施工した後にはがれてしまえば、完全に除去しなければいけません。硬化したコーキングにさらに施工しても、付着強度は非常に弱くなるため、やり直しどころか健全な部分まで除去作業が出てきます。時間がかかりますが、風を当てるなど乾燥させてから施工するのが安全です。
水に付着しない特性があるため、ヘラなどで押し込み充填する際には、水を軽くつけて押し込めば簡単にできます。あまりつけてしまうと、余計な場所に水がつき、付着を阻害してしまうため、ヘラを湿らせる程度の感覚で利用するといいでしょう。
施工する際には、不要な場所につけてしまうと、非常に汚い状態になります。マスキングテープや養生シートを使い、余計なところにつかないように管理するのも大切です。
一般の家庭では、専用のガンを使うカートリッジタイプが簡単です。先端をカッターナイフなどでカットすれば好きな幅に施工ができます。

■仕上げやマスキングテープをはがすときには要注意
便利に使用できるコーキングですが、乾燥までにある程度の時間がかかることを知っておきましょう。表面が乾いたような段階から、中心部分まで完全に硬化するまでさまざまな過程があります。施工をはじめてから、だいたい24時間前後はかかるため、排水管に水が流れないように設備の使用は中止しなければいけません。
排水管の特性上、どうしても狭いところでの施工になるでしょう。広い場所であれば、ガンのようなタイプを使用することもできます。しかし、狭いとプロでもなかなかうまくいきません。スペース的にガンが入らないときには、ヘラにコーキングを取ってすき間に詰め込むように施工するといいでしょう。これだけでも施工できます。
水漏れを防ぐためには、すき間にしっかりと入るようにしなければいけないため、ヘラで押し込んで仕上げます。圧力をかけながら行いますが、付着させる作業には慣れが必要です。表面をならすつもりが、必要なボリュームを削ってしまう場合もあるからです。
マスキングテープなどの養生をはがすときには、硬化してしまう前に除去します。硬化してからはがすと、健全な部分に力をかけてしまう場合があり、せっかく水漏れを止めたのにもかかわらず、元のすき間が開いている状態になるかもしれないからです。
コーキングの施工は、手早く行わなければいけません。周りの養生も大切ですが、ごみ袋なども含め、必要な道具もすべて用意してから施工をはじめていきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ