排水管の水漏れに使えるシリコンコーキング

■水漏れにも使えるコーキング

排水管は、水道管のように圧力をかけて送りませんが、水漏れを起こし始めれば使った水が流れ出し、被害を広げてしまいます。きれいな水があふれるのとは違い、衛生面のトラブルに直結するため、できるだけ早くなおさなければいけません。しかし、みえるところに配置されるのはまれなのが排水管です。配管を丸出しにしてあることはほぼないため、水漏れを起こし始めてもなかなか気がつきません。仮に見えたとしても、排水管に使われている配管は不透明な素材であり、中の様子は外側からはわからない構造です。水漏れを起こしそうなほど劣化したり、汚れていたりしても対処は遅れてしまいます。
接続部分に使われているパッキンの問題も、蛇口などと同様に発生してきます。ゴムのパッキンは経年劣化し、排水管でも同様ですが、交換は楽な作業ではありません。配管自体を外して交換作業に入らなければならず、工具も必要ですし、知識もなければ外せません。シンクのように排水トラップが取り付けられているときには、流れ出た水を受ける準備も大切です。交換といっても、同じ配管が使われているわけではなく、それぞれの機能に合わせて作られているため確認しながら補修作業をしなければいけません。
水漏れしている場合の補修方法もいろいろとありますが、そのひとつになるのが水回りに使われているシリコンのコーキング剤を使って塞いでしまうやり方です。使い方次第でいろいろな応用も効きますが、排水管だからこそできるため、特性をよく理解して使う必要があります。

■しっかりと施工するために

排水管などの接続部分にシリコンを使う場合には、いくつかの条件があります。施工するときには、水は絶対に流せません。水分がつけばせっかく塞いだ部分からはがれてしまい、水漏れしてしまう可能性が高まります。打ちこみ部分はきれいに掃除しなければいけません。汚れがついていれば剥がれるためです。排水管だからこそ使えるのは、圧力をかけて送る水道管と異なるからです。強い圧力がかかれば、シリコンは耐えることができません。水を漏らさない処置としては使えますが、密封するほどの接着強度はないためです。手軽で便利な方法ではありますが、恒久的なものではなく、一時的な補修であるということを理解する必要があります。定期的に点検をしながら、ひどい場合には配管やパッキンの交換を検討しなければいけません。
シリコンを使う場合、塗布面は汚れをしっかりと落とします。表面に残っていれば、この汚れがはがれるときに一緒にはがれてしまい水漏れを止める役割を果たしません。水分が残っていても接着はできないため、完全に除去する必要があります。接着面積の問題があるため、まずは紙やすりなどで軽く表面に傷をつけます。このときに出た削りかすもきれいに除去してから、マスキングテープで必要のないところにはつかないようにします。ほかの部分に伸びると、その部分がはがれてしまったときに余計な力がかかります。必要なところだけにシリコンをつけられるようにしなければいけません。接着面にシリコン用の接着剤を塗布してから、シリコンを打ちます。接着剤なしでつけても、はがれてしまい水を止められません。必要な面に打ちこんだのちにマスキングをはがします。あとは完全に硬化するまで待ちますが、この間に排水管に水が通ってしまうのは厳禁です。水が通るだけで、内部から押し出されてしまい失敗するため、余裕を持った施工ができるよう段取りをすることも大切です。

■サッシ周りの補修にも使える
応急処置として、排水管にはシリコンが使われた補修用のテープもあります。特殊なテープであり、補修用として水がついていても使えるものも出回っていますが、かなり特殊な扱いと考えなければいけません。非常に手軽に使えるようで、可使時間が極端に短い場合もあるため、取扱説明書は十分に読んで理解したうえで使う必要があります。ものによっては、排水管の水漏れにも使えるほどのテープも販売されるようになりました。
シリコンのコーキング剤は、水漏れを止めるだけではなく、さまざまなところに使えます。お風呂場のサッシ周りなどもシリコンのコーキングが使われており、水が漏れたりしないように防水処置がなされています。カビが根を張りやすい場所でもありますが、マスキングテープと接着剤があれば、除去して新しくコーキングし直すことも可能です。カッターナイフなどで切り取れるため、古い材料が残らないようにきれいに除去してから接着剤を塗り、コーキングを打ちこめばあとは乾燥を待つだけです。チューブなどで販売されているものもあり、施工も材料の管理も簡単なものが出ています。こうした素材を使えば、だれでも手軽に施工できるため便利です。サッシ周りの場合には、十分に密着して見た目にもきれいに仕上げることが必要なため、打ちこんだ後にヘラを使って表面を仕上げるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ