排水管の水漏れにつながるつまりの解消法と注意

■重曹とクエン酸でつまりの予防

排水管の水漏れには、さまざまな原因があります。内部でつまって逆流するというのも、原因のひとつです。トラブルを起こせば、大きな被害も生み出します。日ごろからメンテナンスを心掛けておくのがポイントです。
メンテナンスの方法はいろいろとありますが、入手しやすい重曹やクエン酸を使う方法は広く知られています。やり方は簡単で、まず排水口に重曹をまきます。そのあとにクエン酸をかけますが、それぞれの割合は3:1です。粉末のクエン酸を混ぜても反応はしないため、水溶液にするか、そのあとにぬるま湯をゆっくりとかけて泡立つようにするだけです。あとは30分程度放置し、シャワーを使って流します。排水口側から掃除ができて、成分も危険な化学薬品などではないところが人気です。この方法が有効な理由は、二酸化炭素の発生にあります。化学式から導き出せますが、重曹とクエン酸を混ぜると、熱反応を起こしながら二酸化炭素が発生し、これが熱を吸収しながら泡立っていくのです。この泡が、汚れを浮き上がらせる役目を果たしてくれるのです。すべての汚れに対応できるわけではありませんが、簡単で有効な方法です。
注意しなければいけないのは、この2つの物質を混ぜても中和反応しか起きない点です。酸やアルカリで汚れを溶かすといった方法ではなく、あくまでも汚れを浮き上がらせるのが目的のため、完全につまり流れないような状態で行っても効果は期待できません。ヘドロになっているような場合も同様です。つまりの根本解決のための方法ではなく、普段のメンテナンスとして利用するべきでしょう。逆に考えれば、化学反応によって溶解するわけではないので、安全に利用できます。それでも、素手でするような作業ではないため、ゴム手袋の利用は必須です。

■配管に付着した汚れを溶かすパイプクリーナー

パイプクリーナーなどの洗浄剤を使う方法も、排水管の掃除として有効です。内部でつまっている汚れを落とし、きれいな状態を作れるため水漏れ対策にもなります。最近では、複数の種類が市販されるようになりました。
洗浄剤の使用で、薬品による溶解が期待できます。つまりの解消として手軽にできる方法として人気があります。一般的なものは液体タイプですが、しつこい汚れを落とすときには、できるだけその場で反応するように、高粘性のものを選ぶとより効果があらわれやすくなります。
粉末タイプは水と反応することで発砲して洗浄しますが、中にはかなり強力な成分を含むものもあるため、扱いには注意が必要です。市販品の場合は、そこまで心配する必用はありませんが、業務用などを手に入れた場合には最善の注意が必要です。
液体も粉末もどちらも溶解させるのが目的のため、完全につまってしまう前に使うようにしましょう。水を流しても流れないような状態に使っても意味がありません。また、時間をおいても効果はあまり違わないため、一定の時間が経過したら必ず流すようにしてください。使用量に比例して効果が高まるというわけでもありませんので、適量を何度かに分けて使うのがポイントです。
溶かす対象によって、使う洗浄剤を選択する必要があります。お風呂場とキッチンの排水管ではつまるものが違うため、それぞれ専用のものを使うのが大切です。適していないものを使った場合の効果はあまり期待できません。

■パイプクリーナーを混ぜて使ってはいけない理由
定期的な洗浄は、水漏れ対策としても大きな意味を持ちます。パイプクリーナーなどの薬剤の使用は排水管をはじめ配管に逆にダメージを与えるのでは、と思われていたこともありましたが、メーカー側がダメージはないと正式に発表してから、一般家庭でも広く利用されるようになりました。
排水管のつまりを予防できるパイプクリーナーには、混ぜるな危険と書かれている場合があります。興味本位で混ぜたりすると、非常に危険です。塩素系と酸性のタイプがありますが、これらを混ぜてしまうと、塩素ガスが発生します。これが人体に有害な物質であるため、絶対に混ぜないようにしましょう。カビ取り剤や漂白剤、台所用のパイプクリーナーなどは塩素系が多く、水垢取りなどは酸性が中心です。ほかにもクエン酸などの酢も混ぜてはいけません。自分たちで混ぜていないと思っていても、なにか流れ込んだものと反応する可能性も否定できません。先に使っていた洗剤がどこかに残り化学反応を起こす場合もあるため注意が必要です。
塩素ガスといえば、毒ガス兵器にも使われるレベルの大変危険なものです。鼻に強い刺激を感じるガスであり、呼吸困難や頭痛、吐き気を催します。中毒になると生命の危機にまで及びます。塩素ガスには刺激臭がありますが目に見えるわけではないため、蔓延具合が分からず手遅れになる可能性も考えられます。もし掃除に使う際には必ず換気をし、環境を整えた上で安全に使うのが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ