排水管の水漏れを修理するための道具

■配管の修理に使える道具は

家庭には、水回りに2つの配管が使われます。水を供給する給水管と、使った水を外部に排出するための排水管です。この2つの配管が正しく機能しているからこそ、安心して水回りの設備を利用できる環境が整います。どちらの配管も、簡単には壊れない素材を使用しており長期にわたって利用可能ですが、どうしてもトラブルが起きる場合もあります。その時にどのように対処するのかが重要となります。
排水管のトラブルの修理として、2つの方法が考えられます。1つは専門業者に依頼して修理をしてもらう方法です。専門知識を持っている専門業者であれば心強く、すべて委託して任せてしまえばトラブルも早期に解決できます。
もう1つは、自分でなおす方法です。最近はDIYを趣味にしている人も多く、排水管の水漏れでも修理できる家庭も増えてきました。自分で修理を行う利点は、なによりも素早く対応ができるという点です。自分で問題を見つけた時に、その場で対処できるのとできないのとでは大きな違いです。必要なのは、排水管の修理に対する知識を持つことと、道具や部品を用意しておくことでしょう。普段から道具をそろえていれば対処できますが、無ければその場で買い求めなければいけません。部品も同じですが、トラブルの内容によってどんなものが必要なのか、道具の種類を知ることが必要です。それぞれ使用する場面にも違いがありますし、ひとつの使い道しかないものもあります。汎用的に使えるものなのかという知識もあれば、必要になったときに購入するという手段も検討できるはずです。

■スパナ類は必須の工具

排水管は、床下や壁の中に設置されています。DIYが得意な人でも、そのすべてを点検して問題があれば修理するというわけにはいきません。見える場所での作業の場合、よくあるのはパッキンの交換です。そこで必要になるのは、ナットを緩める作業です。
パッキンは、接続部品との取り合いに使われます。ゴムのもつ弾力性で隙間を埋めていきますが、経年劣化によって弾力性が失われてしまうと隙間を埋める大事な部分が機能しません。そこで交換する必要が出てきますが、接続されている管材を外さなければいけないため、ナットを緩める作業に入ります。ナットにぴったりと合ったスパナを用意するのが一番ですが、サイズに合ったものを用意するのはかなり難しい問題です。そこで、活躍するのがモンキーレンチやプライヤーといったサイズを変えることができる工具です。かかる力はスパナよりも劣りますが、便利なことには違いありません。1本用意していると汎用的に使えます。ただし、少しでも隙間をあけて使ってしまうと、ナットの山をなめてしまうことがあります。また頭の部分が大きすぎて、他部分にぶつかってうまく使えない場合もあるため注意が必要です。
止めてあるのが一般的なナットならスパナで対応できますが、ビスが使われており、六角ナットやプラスドライバーが必要なケースも出てきます。最近では、家具などにも六角ナットが使われる場合があるため、いくつかのサイズを用意しておくと様々な場面で使えます。ドライバー類は、できるだけ柄が太くなっているものにすると、小さな力でも回すことができるため便利です。精密ドライバーのようなタイプは、細かな部品を外すために使われるため排水管の修理ではあまり使いません。

■モーターレンチやパイプレンチにコーキングガンも大切
排水管の種類でも変わってきますが、洗面所などの配管では大きな袋ナットが使われるケースがあります。一般的な工具では対応できない場合が出てくるため、モーターレンチを用意しておけば安心です。水道の修理に使うことが多い工具で、水道工事会社の道具としては一般的なものといえます。ホームセンターなどでも簡単に手に入るようになりました。
同じようにパイプを締めこんだり固定したりできるのが、パイプレンチです。非常に力が入りやすい構造をしており、なかなか回らないナットも回しやすくなります。ただ、力が入りやすいため精密なものには対応しにくく、ナットを壊してしまう場合も珍しくありません。どうしても回らないときには柄に単管パイプを差し込んだ状態にして、この原理を使うこともあります。修理には便利な道具ですが、一般家庭でほかのことに使うことはあまりありません。非常に重量のある工具のため、取り扱いにも注意が必要です。
シールテープは、ボルトやねじ山などに必ず巻くため用意しておくべき道具のひとつです。部品を交換したときには、隙間を作らないためにも必要になります。粘着テープや絶縁テープなどでも排水管の水漏れの応急処置は可能です。また、接続部の水漏れにはコーキングを使うこともあります。専用のガンが販売されており、カートリッジをはめ込むだけで使えるため便利です。安価で手に入るものであり、DIYをするのであれば目地まわりなどにも使えるため、1台購入しておくのもよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ