排水管や目地からも水漏れするお風呂場とシリコンのコーキング

■大量の水が空間に広がるお風呂場

お風呂場は、かなりの水を使う場所です。家庭内の水周りの中でも、ひとつの空間の中に大量の水が飛び散ることから、防水がしっかりしていなければいけません。洗い場はシャワーをはじめ使ったお湯や水を排水口へと流します。浴槽には大量のお湯が貯めこまれ、水漏れを起こしたりしないように設計されている設備です。水漏れが起きれば大惨事とつながりかねないことからも、定期的に安全に使えているかどうか調べなければいけません。
お風呂場は、いつでも使えると思い込んでいますが、使っているうちにだんだんと老朽化してしまい、トラブルを抱えるのはほかの設備と同様です。お風呂場では、さまざまな部品が使われていますが、取り合い部分にはシリコンのコーキングなどを充填していきます。これにより、水漏れを防いでいますが、経年劣化には逆らえません。だんだんと弱くなり隙間ができてしまえば、排水管周りから水漏れすることも出てきます。床との間に水が回ることもありますし、給湯器側の外壁へ漏れることも少なくありません。問題は、水漏れをしていても、目で見て判断が難しいため気がつくのが遅れる点にあります。タイルの目地にもシリコンが使われますが、どこから漏れているのか判断するのは容易ではありません。見た目ですぐにわかるものであれば補修もできますが、どこかでダメージを見つけて初めて疑うことになるでしょう。壁にしても浴槽と排水管の取り合いにしても、直接確認ができないことが出てくるため、定期的に調べておくことが家財を守ります。知らず知らずのうちに水が漏れていれば、床下などに流れ込み、湿度を高めてシロアリ被害などの原因を作り出すこともあります。木材どころかプラスチックなどでも侵食していくシロアリは、専門家でなければ駆除できません。気がついたら手遅れになるという場合さえあり得るため、少しでもおかしいと思ったら補修作業に入ることが大切です。

■浴槽のどこからか漏れていたら

浴槽の水漏れを確認する方法として、貯めたお湯で見極める方法があります。お湯を貯めたら、その上にゴムボールなど浮くものを用意して静かに観察します。わずかでも水漏れが起きていれば、お湯は必ず動き出すため浮かせた物の動きで判断できます。同時に浴槽のふちの部分からの高さも測っておけば、減った水量分を見極めることもできます。
この時に原因になる場所は、排水管のどこかで漏れているケースと浴槽と排水口の取り合い、給湯器と外壁部分です。ひび割れなどがなければ、それぞれを確認していくしかありません。良くあるケースは、ゴム栓の劣化で、弾力性を失ってしまい変形して隙間ができて漏れてしまいます。新しいものに交換すれば、すぐに水漏れが止まるため対応は難しくありません。排水口周りは浴槽に接続され、パッキンを挟み処理していきます。給湯器にかかわる配管周りもパッキンが使われ密閉できる状態を作り出すため、水漏れが起きたときには交換も必要です。実際にこうした交換は簡単なことではありません。浴槽の構造的な問題でどこでも簡単に触れるわけではないため、専門業者に依頼して修理してもらうことが必要です。浴槽がひび割れしている場合も同様で、シリコンなどですき間をふさいでも、効果は長続きしません。補修するとしても、一度専門業者に調べてもらい、適切な方法があるかどうか検討するべきです。あまりに大きなひび割れになれば、浴槽を交換するしかありません。

■コーキングの方法
目地やサッシ周りに使われているコーキングや目地材もお風呂場の水漏れにつながります。浴槽の下部に使われる場合もありますが、こうした目地材は古くなると隙間があくため打ち換えなければいけません。
コーキングを打ち換える場合には、古いものを除去します。除去する方法は簡単で、市販されているカッターナイフなどで切り、取り除くだけですが、残ったりしないようにしなければいけません。古いコーキングが残っていると新しく打ち込んでも密着しないためです。カッターで除去した後に完全に除去できたかどうか確かめ、細かく丁寧に取り除きます。
新しく打ち込む場所には、マスキングテープを使い余計なところに付着しないよう養生することが大切です。このときに手を抜くと、仕上がりに影響を与えてしまうため、慎重におこないます。マスキングが終わってから接着剤を塗りますが、乾いてしまえば効果がありません。施工できる範囲を定めて塗っていきます。シリコンなどのコーキング剤を充填し、ヘラで密着するように仕上げて乾燥を待てば終了です。この間に水が当たると効果が出なくなります。絶対に水を使わないようにして養生しなければいけません。マスキングテープは、硬化してからでははがしにくくなります。せっかく補修した部分を開いてしまうことも出てくるため、硬化する前に除去しておけば安全です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ