階下にまで広がる排水管の水漏れの責任の所在と賠償

■水漏れの責任はだれにあるか

集合住宅などで水漏れを起こした場合、莫大な被害につながる可能性があります。水漏れが起きる原因はいくつもありますが、よくあるケースとしては排水管の機能不全が挙げられます。
階下にまで水漏れの被害が広がったときは、住人から損害賠償を請求されます。一般的に、普段の生活において天井から水が流れてくる場合を想定していませんし、その水によって自分の資産が損害を受けることは想定外であり、階下の住人に落ち度を見つけることはできません。
では、責任はだれがとるのかという問題ですが、それは漏れ出している場所によって異なります。共有の場所に設置されている排水管がつまったことにより水が漏れたのであれば、責任は共有部分の管理者にあるため、管理会社や大家が責任をとらなければいけません。共有部分ではなく個人の部屋から漏れ出した場合は、基本的にはそこに住んでいる住人が責任をとることになります。例えば所有する洗濯機に問題があり、排水管にうまく流れずに階下に漏れた場合などは、住人の管理責任が問われるでしょう。ただ、建物内の配管にトラブルが発生し、たまたまその部屋の中から漏れ出したとしたら、これは住人に責任が及ばない可能性も考えられます。また、過失によって生じた問題ではなく、設備の老朽化によって起きたトラブルである場合も、賃貸物件などでは管理会社や大家の責任が問われることになるでしょう。老朽化は住人には判断がつきませんし、建物のメンテナンスの責任は管理側にあるためです。
水漏れに関して言えば、責任の所在を契約の中で謳われているケースもあります。どちらに問題があるのか判別できない場合もあるため、保険会社との契約を入居の条件としている場合もあります。こういった契約を事前に交わすのは、水漏れが大きな被害につながる可能性が高いためでしょう。

■どのぐらいの金額になるのか相場はあるか

排水管の水漏れで生じた損害の場合、どこまでが補償の範囲に入るのかを知る必要が出てきます。大きくは、個人の賠償責任か管理側の責任かで分かれます。個人の場合、被害をこうむったものを明確に分けて損害を出していかなければいけません。住人同士の交渉となれば、相手がそれだけの賠償能力を持っているかどうかも焦点となるため、はっきりとした被害リストを作るといった作業が必要です。
管理側に問題があるときには、天井から床のリフォームまでしていきます。管理会社は、どちらにせよ資産価値という面から見ても直さなければいけなくなるためです。損害額も重要ですが、実際に相場などはありません。どの程度の被害を受けたのかで変わるため、明確な金額は存在しないためです。例えば部屋の中にベッド程度しかなく、帰ってきて寝るだけの生活をしていた場合、直接受けた被害を金額に置き換えるとそこまで大きくはなりません。ところが、骨とう品を所持しており、水に濡れたことで修復できないほどのダメージを負ったとすれば、これは大きな被害となります。家電製品なども壊れる可能性がありますが、一般的に買い替えができるようなものとできないものとで損害額は異なります。パソコンの中のデータなど資産として代替えできないものが被害にあった場合は、内容によって驚くほどの額になります。裁判などでは、データに対してどの程度の価値を認められるかという争点もありますが、もしビジネス的に価値のあるものだったとしたら簡単に賠償できるものではなくなるでしょう。水漏れによるトラブルは、損害が拡大しやすい性格を持っています。

■水漏れに対応できる火災保険と弁護士費用
水漏れで大きな被害を絶対に発生させない、ということは不可能です。生活している限り水回りの設備は使いますし、意図せずともトラブルは起きる可能性があるためです。
保険を掛けておくことで、階下に対する損害賠償を避けられることもあります。その対象となるのは火災保険です。火災という名前からは想像がつきにくいですが、火災保険は賠償責任保険として活用できる商品が大半を占めます。この保険を使えば、被害者になった場合にも損害をカバーすることができます。
被害者と加害者がいる以上、揉める場合も多々あるため、弁護士を入れて交渉しなければいけない場面も出てくるでしょう。自分がどちらの立場になるのかは分かりませんが、当人同士での交渉が難しい場合に弁護士が雇われることになります。弁護士が間に入ってくれれば相手に直接会って交渉する必要がなくなるため、雇う前よりも迅速に対処できる方法なのは間違いありません。自分で交渉する時間も必要なくなるなどメリットも多いため、弁護士費用がカバーできる保険などを検討するのも大切です。
管理者側としては、常に設備点検をしておくべきです。入居者としても、日々のメンテナンスに注力しなければいけないでしょう。また、トラブルが起こってから業者を探しはじめるのでは対応が遅くなるため、あらかじめ相談先を見つけておくのがよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ