屋外で起こった排水管のつまりを解決するには

■排水管がつまりやすい場所

どこの排水管がつまりやすいのかを事前に確認しておくと、万が一のときにすぐ対処することができます。
一番つまりが頻発する箇所は、お風呂場です。お風呂場がつまると水はけが悪くなりますが、ひどい場合は逆流や悪臭と言ったトラブルも発生しますので気をつけなければいけません。
次にキッチンです。毎日使う場所ですから、迅速に対応する必要があります。特につまりが起きやすい箇所は、排水トラップや排水管、蛇口などが挙げられ、洗い物による脂分や洗剤カスなどが溜まり続けて発生します。固形石鹸もつまりの原因になるので気をつけましょう。ひどい場合は、排水口から悪臭が出てくる場合もあります。
他にも、トイレや洗濯パン、屋外の排水や下水なども排水管トラブルが多い箇所になります。トイレの場合は原因もさまざまで、異物を流していなくても経年劣化や誤った節水法などによってつまってしまう場合があります。10年以上使用している場合で、最近上手く流れないという症状は老朽化が原因の可能性もあります。業者に相談して、新しいものに換えてもらいましょう。
誤った節水とは、タンクの中に重りなどを入れて意図的に水の量を減らすことです。トイレには便器の形状や排水管の太さなどを考慮して、それぞれ適切な水量が決められています。トイレがつまってしまうのは、流す水の量が不十分で上手く流れていないことが関係しています。水の節約はとても大切ですが、誤った節水方法はつまってしまう恐れがあるので十分注意してください。

■屋外で起こった場合の対処法

排水口のつまりと聞くとキッチンやトイレ、洗面所などを思い浮かべる方が多いかもしれません。これらの水は、最終的に屋外の排水や下水へと流れ行くため、この部分がつまってしまうと生活に支障が出てしまいます。特につまりや逆流などの原因は屋外にあることも考えられます。水のトラブルが発生したら屋外にある排水管も確認してみると良いでしょう。
屋外の場合、木の根やコンクリートの破損や土砂なども原因になることも少なくありません。汚水枡から根が見えているのであれば引き抜くことで対処できます。
一般的に、軽度の水のトラブルであれば、破損箇所を補修テープで応急処置をする、汚水桝に異物が堆積しているなら取り除くといった方法で対処できますが、逆流や悪臭、ひどい水漏れは自力で対処するのは困難なため、ただちに業者に依頼してください。
工事方法は業者によって多少異なりますが、一般的に土中に設置されている排水管の交換が行われます。建物の構造によっては大がかりな工事になる場合もあり、どのくらいの距離を修理するかによって料金も異なってきます。屋外の排水管工事自体、余程のことがない限り行われないため、水のトラブルが発生した場合は悪化する前に早めに対処しておくようにしましょう。それだけでも、大がかりな工事になる可能性は軽減できます。
料金は排水管を取り出すための掘削作業の有無や、必要となる排水管の長さなど状況によって変動しますので、事前に見積もりを作成してもらうと安心です。排水桝の交換が必要になった場合は、さらに費用がかかります。信頼できる業者に相談するようにしましょう。

■つまりを起こさないためには
経年劣化による排水管のつまりは仕方ありませんが、それ以外であれば日々の生活で予防できます。
つまる原因はさまざまで、場所によって異なります。キッチンであれば油脂分が原因になりやすく、洗剤カスや固形石鹸、残飯などもつまりの原因となります。そうならないためにも、定期的にお手入れすることが大切です。
おすすめの方法は、重曹と、酢やクエン酸といった酸性のものを使用します。重曹単体でも効果はありますが、酢やクエン酸と混ぜて使うとより効果が高まります。つまりが解消するだけでなく、ニオイ対策にもなります。
1回分の量は、重曹カップ4分の1、酢またはクエン酸カップ2分の1とお湯を用意します。熱湯は劣化や破損の原因になるので50度程度が適温です。重曹と酢もしくはクエン酸を入れて、お湯を便器の半分ほどの量を入れて数十分から1時間ほど放置します。ただし、使用後はぬるま湯などで十分に流さなければ、溶け残った粉末が詰まりの原因にもなりかねませんので、注意してください。
他には、バケツやラバーカップ、真空ポンプなども使えます。バケツにお湯を入れ、一気に流すだけと特別な準備もいらず、気軽に試すことのできる方法です。屋内だと水が飛び散ってしまうなど難しいこともありますが、屋外なら高所から勢いよく流すことで詰まりが解消するかもしれません。ラバーカップや真空ポンプは、カップを排水口に押し当てて使用します。ラバーカップはゆっくりと柄の部分を押してカップ内の空気を抜き、一気に引き上げて圧力をかけて詰まりを解消します。真空ポンプも使い方はほぼ同様で、ポンプ部分の棒を上下に操作するとカップ内が真空状態となり、ラバーカップと同じ原理で圧力で詰まりを解消します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ