洗面所の排水管のパイプからの水漏れ

■洗面所の足元に水が流れているとき

水漏れに気がつくのは、いろいろな変化が生じたときではないでしょうか。洗面所などで気がついたケースのひとつが、足元が濡れている場合です。はっきりと水漏れがわかるほど漏れていなくても、わずかに湿った感じがするときには、収納になっている洗面化粧台の下部を開いて確認してみます。ところが、確認してもどこから水漏れしているのか、よくわからない場合もあります。明らかに濡れているのに、漏れている場所が見当たらないということです。パイプから水が漏れる場合には、見た目でははっきり原因が分かりにくいです。排水管に流れるときは、水を使った後ということがほとんどです。使っていないときには水漏れが確認できないため、どうしても発見が遅れてしまい、のぞいても漏れている箇所が見つからないことも多いです。
原因として考えられる可能性は、いくつもあります。排水管にはパイプが使用されています。一直線でつながっているということは少なく、S型をしているものやU型、じゃばらのホースなども使われる場所もあります。組み合わせて使われていますが、部品同士をつなぐときのパッキンで水漏れを防いでいます。このパッキンは、使っているうちに劣化していく部品です。時間とともに弾力性を失い、隙間を防ぐことができなくなり、結果として水漏れが起こります。
配管自体の劣化も、原因として考えられます。樹脂で作られているパイプが良く使われますが、古くなればもろくなり、簡単に割れてしまうほどになることもあります。強い力がかかったから破損したわけではなく、わずかな力でも割れてしまい漏れているというケースです。
じゃばら型が使われている場合も、劣化で破損してわれる場合があり、水を使うたびに水漏れを起こしてしまいます。じゃばら型は伸び縮みするのが特徴ですが、うまく機能しなくなり、差し込んでいる部分から抜けて漏れてくる例もあります。こうした劣化は、交換しなければ直すことができません。

■そこまで難しくないパッキンの交換

水漏れを修理する方法としては、接続部分に使われているパッキンの交換があげられます。そこまで難しいものではないため、DIYを普段から勤しんでいる人であれば、そこまでハードルは高くありません。ナットなどで止められているため、スパナを使って緩めます。モンキーレンチでも回せますし、プライヤーなどでも対応できますが、ナットは再び使うため、山を傷めないように回すのがポイントです。パイプを外すとパッキンが取り付けてあるため、これを外して新しいものに交換して、締め直せば出来上がりです。
パッキンはサイズがあり、厚みにも違いがあります。形状もいろいろとあるため、メーカーから正確な部品を取り寄せるのが一番です。ホームセンターでも手に入れられることもありますが、一旦外してサイズや形状を確認した後に購入することが間違いない方法です。
ナットを外す場合には、配管が傷んでいないことが重要です。金属製の排水管を使っている場合でも、力を掛けてしまうことで弱くなっている部分から折れて破損する可能性はゼロではありません。ナットの締め付け時も注意が必要で、必要以上の力で占めてはいけません。確実に締め付ける必要はありますが、必要を超えればねじ切ってしまうことが出てきます。そうなると、配管自体を交換する必要が生じるため、力加減には十分に注意します。

■詰まっているときにはパイプの交換も
パイプが破損しているという症状もあります。パイプを交換しなければいけませんが、構造の複雑なものの場合には、専門業者に依頼して交換してもらう方が確実です。S字の形状をしたトラップであれば、ホームセンターでも簡単に手に入るようになりDIYでも対応できる範囲となってきました。パッキンの交換と同じ手順を踏みますが、ずれたりするとそれだけで水漏れが発生することも出てきます。シールテープなども使って施工する必要があるため、十分に注意して交換をします。
つまりが原因で、水漏れを起こすこともあります。配管内に異物がつまってしまい、水が流れないような状態であれば、取り除く必要があります。配管を外してしまうことも考えられますが、ラバーカップを使って流すこともできます。ただし、この時に有効なのは、S字のパイプを使っている場合です。ほかの形状の場合、洗面器から圧力をかけることでダメージを増やしてしまいます。力が分散されて効果がないケースも出てくるため、どんな形状化を確認してから使用します。
ワイヤータイプの道具もあります。ボール部分から差し込み、配管の形状に合わせて曲げながら異物を押し出します。あまりに離れた部分で詰まっていると効果はありません。一直線の部分であれば、簡単に届くため有効ですが、どこで詰まっているのか想像もつかないときは、専門業者に修理してもらう方が良いでしょう。詰まったままでは水が流れず、配管の劣化を加速させることにもつながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ