深刻なエアコンの排水管からの水漏れにどう対処すべきか

■重大な悪影響が避けられない店舗のエアコンの水漏れ

エアコンの排水管からの水漏れで無視できないのが、自室内に限らず、隣接する部屋、建物、さらにはその他周辺への二次的な悪影響です。たとえば集合住宅の上階の外壁際に、室外機がズラリと規則正しく並んでいる建物構造の場合、そのリスクが見過ごせません。排水管から漏れた汚水が、階下のベランダや室内に到達してしまうだけでなく、壁を伝うことで外観を損ねてしまうなど、複数の悪影響が想定されます。
そしてなにより万全の対策が求められるのが、店舗などの商業施設に於ける、エアコンの水漏れ事故が招く被害の大きさです。来客の衣服や持ち物だけでなく、食事を振る舞う店舗であれば、衛生管理面への疑念など、トラブル収束後も悪しき風評の流れが止められないなど、店舗の存続にも影響が出てしまいます。管理責任者である企業ならびに担当者は、常に空調システムが正常に作動し続ける環境を維持しなければなりません。
一方住宅物件の場合、緊急時に迅速確実な対応を届けてくれる、確かな実績が評判の専門業者に速やかに連絡するなどの、臨機応変な対応が優先されます。こうした安全管理に関する意識を、入居者感で共有することもまた、エアコンの水漏れに端を発する、二次的なトラブルを回避する上で重要です。

■見過ごしてはならない危険予知のシグナル

家庭用とは違う商業施設の大きな規格のエアコンの場合は、排水管の清掃を始めとする管理状況を、関係者全員が情報として共有できるシステムが不可欠です。清掃作業を施した日時をチェックする一覧表など、トラブルのリスクの推移を目視確認できる表記は必須です。空調システムは精密な構造ゆえ、常に正常な作動状況が維持されることを期待するのは難しいのが現状ですが、想定されるリスクを最大限取り除く努力は可能です。大規模商業施設を専門に扱う空調業者ではミスマッチの場合、家庭用と同様に幅広い設備に対応可能な専門業者に相談することで、より安全かつ快適な環境を整えることは十分可能です。
集合住宅の場合、自室と他の部屋の室外機の稼働音や、外から目視確認する排水管周辺の汚れや劣化の具合から、自室の状況を比較推察することが、ある程度可能です。自室のシステムの異音が極端に大きい、排水管の結合部付近からの漏水がある、設置する付近の汚れが激しいなどは、いずれも危険を知らせるシグナルです。こうした判断には特に専門的な知識は求められず、定期的にチェックする習慣が大切です。
また集合住宅の利点を活かし、気心が知れた他の部屋の入居者に、確認や相談を持ち掛けるのも一案です。類似した条件下、それぞれの部屋のエアコンの作動状況が大きく異なる場合、いずれかになんらかの不具合が生じている可能性が考えられます。不具合が疑われるようであれば、トラブルが発生する前に専門業者に相談しましょう。隣接する他の部屋への悪影響回避を含めた、適切な対策を講じる必要があります。

■早い段階での専門業者への相談が大切な理由
建物の形状やシステムの機種にもよりますが、エアコンの排水管は利用者の手の届かない場所でつながっているケースも多く、素人対応では十分な管理が難しいのが現状です。市販の洗浄用アイテムや器具なども見られますが、長く複雑に続く管の内部を、一方の入口から挿入もしくは流し込むだけでは、十分な効果が期待できません。特に堆積物は、こうした方法での除去は難しいため、専門的なノウハウに基づき、適切なツールを用いたプロの作業が欠かせません。
さらに見極めが難しいのが、エアコンの排水管の経年劣化による破損や、結合部の緩みです。外部から目視確認できない位置でこれらが生じている場合、いつ漏水事故が発生してもおかしくない中で作動を続けているという危険な状況です。こうした見落としを回避する意味でも、しかるべき専門業者の点検作業が求められます。エアコンの漏水に絡むさまざまな問題に強く、無料相談後に現地での調査をして、作業内容と費用などを明確に提示してくれる業者であれば、安心してすべてを一任できます。
戸建て住宅の自室内での漏水とは違い、不特定多数の人たちが出入りする店舗や、他の家族が上下左右に隣接する集合住宅の場合、エアコンの漏水トラブルは事前の回避が鉄則です。不運にも生じてしまった際には、信頼できる専門業者による十分な補修工事を実践し、周囲にもその事実を正確に伝えるフォローが大切です。トラブルが長引く展開を回避する意味でも、専門業者の存在が見過ごせません。インターネット検索で最新の信憑性の高い情報を収集するだけでなく、親しい入居者間で情報を交換することもおすすめです。地元で実績を積み重ねている専門業者であれば、身近な家庭が過去に利用しているケースも十分想定されます。匿名の口コミとは違う、より信憑お政に疑いのない体験談に基づき、万一の際の連絡先を入居者間で共有しておくことも、堅実なリスク管理のひとつです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ