シンクからつながる排水管などからの水漏れ修理

■つなぎ目から漏れる

キッチンの周りで、水漏れしているのを見つけたら大変です。すぐに原因を見つけて対応しなければいけません。キッチンの場合には、水回りの設備としていろいろな原因がありますが、排水管からの水漏れは問題も多く抱えます。一度シンクで使った水が漏れだしてくるため、水道から出てくるようなきれいな水が流れてくるわけではありません。汚れた状態の水が漏れだしてくれば、衛生的にも影響が及んでしまいます。
だいたいの家庭のシンク下は収納庫などになっているのが一般的です。デッドスペースになりやすいためですが、のぞいてみるとホースや配管がいくつか見えてきます。細い配管は水道関係で給湯器から伸びてきているものもあります。その中でも一番太い配管が排水管で、さまざまな接続部品で構成されています。
すき間ができると水漏れしやすいため、できればつなぎ目を作らないのが理想ですが、現実的にはそうはいきません。トラップのような配管に必要な部品もありますし、1本では取り回しの部分で自由が利かなくなるため、いろいろな形状の配管が接続されます。そのままではすき間ができるため、間にパッキンが挟まれ、ナットなどを使って締め付けていますが、このパッキンの劣化で起こるトラブルが多いです。だたし、こういったトラブルは修理も簡単で、締め直したり、劣化したパッキンを交換すれば直る場所です。
排水管のどこで漏れているのかで、同じようなパッキンでも修理の方法が違います。トラップのように内部に水が入っているような部品もあるため、養生はしっかりとしてから修理することが必要です。

■配管の亀裂

排水管のトラブルとして、シンク下でも起きるのが配管の亀裂です。パッキンの劣化のようにそこまで多く起きるものではありませんが、水漏れしたときにはチェックしなければいけません。配管の経年劣化によって割れてしまうという事態もありますが、ゴムと違ってライフサイクルが長く、頻度はかなり下がります。亀裂やクラックと呼び、この状態になると、その部分はもう使い物になりません。補修材などをホームセンターなどで見かけますが、根本的に直せるわけではないため、応急処置として考えておくといいでしょう。特にビニールテープなどを巻いているときには、早めに交換するのが大切です。
修理の方法は、新品に交換するのが一般的です。一旦取り外して組み直します。ナットなどが外せるのなら、自分で交換する方法も取れます。注意点は、長さと径があり間違うと交換できません。管材には呼び寸法などもあるため、分かりにくいことも多いです。そこで、取り外したものをホームセンターなどに持っていき、店員に新しいものを選んでもらう方法があります。それでも不安なときには、専門の修理業者に直してもらうほうが良いでしょう。
他にも内部でつまってしまい、逆流して漏れだしているケースもあります。排水管は床下配管につながっているのが基本です。床下のほうでつまっていると、逆流したときに接続部分から漏れてくる場合があります。それより上になると、そもそも流れていかないことが増えます。修理はかなり難しく、つまっている部分を取り除きたくても、配管のどこに問題があるか場所の特定がしにくいのが問題です。仮に分かったとしても、素人では取り除く手段がないため、業者に依頼して直してもらうのが一般的です。

■穴が開いたりコーキングがはがれたりしているケース
水漏れとしてシンクの下で深刻なのは、そのものに穴が開いているケースです。排水管に漏れた水がまわってきているように見えて、実はもっと根本的な部分でトラブルを抱えている場合があります。トラップから漏れてきているようにも見えますが、すべてきれいにふき取り、漏れてきているところ追っていくと分かります。特にシンクの上面に光を当てて、下から覗き込んで見ると判別しやすくなるでしょう。新しいものに取り換えるか、一部補修するかの選択になります。穴の開いた場所や大きさ、状態にもよりますが、パテなどで裏側から補修すれば直せる可能性があります。
同じようにシンクが取り付けてある天板にすき間ができて漏れてきているケースも、裏側を伝ってくることがあります。通常はコーキングなどで埋められており、水が漏れたりしないようにしてありますが、劣化が進めば隙間があきます。新たにコーキングし直すなどの処置が必要ですが、この処置は簡単でそこまで大きな問題ではありません。コーキングを打ちなおすなら、古いコーキングは徹底的に除去し、防カビ仕様になっているものを選びます。マスキングなども大切ですが、乾燥した状態でプライマーを塗布して施工しなければいけません。水がついていると、はがれて施工不良になります。
こうしたトラブルも、自分で直せないと思ったときには、水道修理の業者に相談してみるといいでしょう。リフォームなどもできるところであれば、相談に乗ってくれるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ